早漏症を治すなら【ダポキセチン】

もしも早漏でお悩みならダポキセチン(成分)のお薬を試してみませんか?今までの情けない気持ちになってしまう性行為から抜け出し、男としてステップアップしましょう!その為の方法を紹介するサイトです。

早漏を治したい男性

ダポキセチンとばいあぐらを使用した超早漏克服法とは

超早漏克服法として効果的なものは、ダポキセチンやばいあぐらを使用した方法です。
ダポキセチンとは射精を遅らせるための経口薬で、本来はうつ病の治療のために使われていましたが、あとから早漏にも効果的だとわかったのです。
脳を落ち着かせてくれるので、冷静になって性行為を楽しめるようになります。
すぐに射精してしまう男性ほど、性行為のとき余裕がないものです。
気持ちが高ぶって1分以内に射精してしまう方もいます。
1分超持てば早漏ではないと言われますが、2~3分だと本当にあっという間なのです。
パートナーの女性のことを考えるなら、やはり挿入時間は10分は持たせたいものです。
ダポキセチンが登場する前は、超早漏克服法としてスプレーを使用していました。
即効性がある点においては経口薬以上ですが、ペニスの感度が相当に下がってしまうので、まったくイケなくなる方もいるのです。
早漏克服ができるのは嬉しいものですが、射精できなければ男性にとって性行為する意味はないでしょう。
ダポキセチンはスプレーよりも自然な効き方なので、SEXの質を下げることがありません。

超早漏克服法にはダポキセチン以外に、ばいあぐらを服用する方法もあります。
ばいあぐらは世界初のED治療薬として有名ですが、早漏にも効果的なことがわかっています。
ペニスが硬くなれば快感も増して射精は早くなりそうに思えますが、実際は逆になるケースが多いのです。
EDが早漏を招いてしまうのは、射精のタイミングを把握するのが難しくなるからです。
ペニスがやわらかいと、射精のタイミングをつかめず暴発してしまうことが多いのです。
ばいあぐらを服用すると、ペニスが硬くなることで射精のタイミングをつかみやすくなります。