早漏症を治すなら【ダポキセチン】

もしも早漏でお悩みならダポキセチン(成分)のお薬を試してみませんか?今までの情けない気持ちになってしまう性行為から抜け出し、男としてステップアップしましょう!その為の方法を紹介するサイトです。

早漏を治したい男性

ダポキセチンは何の薬の成分?

ダポキセチンは、わが国では一般には流通していないものの、海外では早漏治療薬として出回っている医薬品の有効成分です。
このダポキセチンを服用すると、脳内の過剰な興奮状態が抑えられ、適正に保たれるため、性行為の際に男性が早漏になってしまうのを防止するという効果があります。
早漏に悩む男性が多いのは古今東西を問わずのことですが、現在では「PE治療」という略語もでき、医学的に早漏の治療に取り組むクリニックなども増えてきています。
残念ながら、ダポキセチンは日本国内では医薬品として未承認であり、こうしたクリニックでも使用が難しいのですが、例えば海外から直接自宅に通販で取り寄せるという、いわゆる個人輸入の方法によって、このダポキセチン入りの製剤を入手する人も出てきています。
ダポキセチンは早漏治療薬の成分というのは事実ですが、実はそのほかにも、もともとはSSRIという心の病の治療薬の成分であったという事実もあります。
SSRIというのは、日本語では選択的セロトニン再取り込み阻害薬と訳されているもので、錠剤タイプで口から飲むものです。
この選択的セロトニン再取り込み阻害薬には、脳内にある神経伝達物質のセロトニンを増やすという作用が認められています。
セロトニンは神経細胞と別の神経細胞との間を移動して情報の伝達にあたっていますが、使われなくなると再取り込みという現象によって、もとの神経細胞にまた戻されてしまいます。
選択的セロトニン再取り込み阻害薬を服用すると、この再取り込みが阻害されて、いつまでも神経細胞の間にセロトニンが存在することになり、結果として脳内のセロトニンの量が増えます。
うつ病のときは、セロトニンやノルアドレナリンの量が減少しているため、医薬品によって不足を補い、治療に結びつけているのです。