早漏症を治すなら【ダポキセチン】

もしも早漏でお悩みならダポキセチン(成分)のお薬を試してみませんか?今までの情けない気持ちになってしまう性行為から抜け出し、男としてステップアップしましょう!その為の方法を紹介するサイトです。

早漏を治したい男性

早漏や遅漏の平均時間とは

男性にとっては早漏は深刻な問題であり、早漏で悩んでいる人はけっこういます。
様々な原因が考えられます。
仮性包茎の人は、早漏の人が多いです。
勃起したときに亀頭が刺激になれていなく、すぐに射精をしてしまいます。
また、心因性の早漏ですと、過去の性行為の失敗や性行為の経験不足が影響してすぐに射精をしてしまいます。
心因性の場合だと、脳が人よりも性的刺激に対して著しく反応してしまい早漏を引き起こしてしまいます。
ところで、どのくらいの時間が早漏であり、どのくらいの時間が遅漏かと申しますと、早漏の場合病院による定義は膣に挿入後射精までの時間が2分以内であり、もしくは膣内に挿入前、挿入途中、挿入直後に本人の意思にかかわらず少しの性的刺激により射精をしてしまう状態、自分で射精のコントロールが不能な状態にあてはまると早漏症と判断されます。
ようするに時間にして2分以内は早漏です。
日本人の30歳くらいまでの若者の平均時間はだいたい7分から9分ぐらいです。
また30分をこえると遅漏と言われてます。
やはりその時の体調であったり、気分によって左右されるので、あまり挿入時間のことは気にしない方が良いでしょう。
早漏の場合ですと、早漏を防止し射精を遅らせる薬が開発されています。
ダポキセチンという薬ですが、この薬を飲みますとセロトニンという物質がよく分泌されこれが脳の興奮状態を鎮静化させます。
ダポキセチンにはもう1つうつ病患者の抗うつ薬としても服用されています。
ダポキセチンはとても効果が高いと評判で、早漏の人が使うと今までとは違う満足のいく性行為ができると思います。
早漏であきらめている人がいましたら、ぜひ1度使ってみることをおすすめします。